カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

グランブルーの塩Q&A

グランブルーの塩Q&A
Q「グランブルーの塩はどんなお塩ですか?」

 A「グランブルーの塩は自然をそのままに生かしミネラルが多く残るように特殊な製法で丁寧に手間ひまをか     
   けて作った、こだわりの自然塩です。ミネラルの豊富さがグランブルーの塩の美味しさの決め手です。
   塩特有の嫌なしょっぱさがなく、甘みがあって料理や食材の旨味を引き出します。
   また、波動がとても高く塩が本来持っている浄化能力もとても高いので盛り塩や祓い塩にも効果的です。

Q「成分と原産国を教えてください」
 A 成分表
   塩化ナトリウム マグネシウム カルシウム カリウム 水分 その他 ミネラル分
    79.16%           0.79%           2.99%       1.05%    1.32%  14.69%  20.84%

Q「どんなふうに作られていますか?製造方法を教えてください。
  A 〜グランブルーの塩ができるまで〜 丁寧に手間ひまかけて作っています。
グランブルーのお塩は韓国の木浦で  もっぽ)で昔ながらの「(塩田方式 + 平釜製法」で作られています。木浦の周囲には工業地帯がなく、海がたいへんきれいです。
海水から塩田を引き込む→天日干し約2週間(太陽と風で水分を蒸発させます)→海水濃度を26〜28度の海水にする→濃縮海水を平釜で煮る→約2週間寝かせる→遠心分離機で水分を除去
約一ヶ月以上かかり手間ひまかけて最初の海水が塩になります。
焼き塩製造に関して
筒状の入れ物の中に小さい筒状の入れ物が入った容器を使用。 外側の容器に熱を加える。 両端を上下に動かしながら上部に来た箇所から蒸気を抜き取る。 この方法で水分(H2O)のみ抜き取り、ミネラルを多く残すよう 製造しております。
Q「塩をたくさん食べて、塩分摂り過ぎや高血圧の心配はありますか?」
  A「グランブルーのお塩はミネラルが残っていない精製塩や、発ガンが疑われる亜硝酸Na
   を含む岩塩などと違いミネラルが多く残っているので減塩の必要がありません。
   (高血圧などで塩分が気になる方は、医師にご相談ください。)
    成人の方で一日25g摂取することが理想的です。塩と一緒にお水もたくさん飲みましょう!」

Q「賞味期限を教えてください。」
  A「お塩には賞味期限がありません。高温多湿の場所を避け常温で保存してください。」

Q「盛り塩や小分けに袋に入れてお守りとして待ち歩いているお塩の交換の目安を教えてください。」

 A「盛り塩は毎日取り替えることが理想的です。神道の習わしなどで毎月1日と15日に替える方も
       います。決まりはないのでご自身に合ったペースでお取り替えください。
  小分けに袋に入れたお塩は塩が固まってきたら、お取り替えの目安になります。
  人によって固まってくる時間がバラバラなので、一日で変える人もいれば、1週間、一ヶ月の人もいます。
  様子をみてお取り替えください。固まったお塩は、玄関や家の周りに撒いたりして使って頂ければ効果的に
       活用できます。」

ページトップへ